本日 22 人 - 昨日 104 人 - 累計 92680 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS
小さな一輪の花が集まり、力強くいきる花達。やがて自らと別れ飛び立ち、いのちをつなげていく。
松戸一輪車クラブMIC、「蒲公英(たんぽぽ)

\(^o^)/審査員特別賞いただきました\(^o^)/
画像  画像
良い報告ができ、とても嬉しいです。
まず、応援してくださった一人ひとりに感謝です。お疲れ様です、本当にありがとうございました!m(__)m
演技をつくってくれたコーチ、衣装やメイク、送り迎えなど日頃から支えてくれたお母さんお父さん、また会場ではたくさんの方がスタッフとして支えてくださっていました。そして出場チーム皆で大会を作り上げることができました。

結一 ~yui~は小1から大学2年までの30人。今回のMICの作品のテーマは蒲公英(たんぽぽ)。春のようなあたたかい気持ちになった、無理に大人っぽくしたりせずにそれぞれの歳にふさわしい表現をしていたということで審査員特別賞をいただきました。コーチに賞を渡すことができ本当に良かったです!

舞台の上の皆の顔がキラキラしていました。気持ちが繋がったからこそ届けたい演技を届けることができたのかなと思います*

悔しさや反省も残ります。賞をいただいたチームらしく、さらに頑張っていきます!
東京大会、全国大会の練習が本格的に始まっていきます。8/9には発表会もあります。楽しみにしていてください!
これからも応援よろしくお願いします!!



3月22日(日)青森県弘前市で行われる「ALL JAPAN Uni-dancing Competition」に出場してきます!!

この大会は「参加者全員の親睦をはかるとともに、一輪車の普及振興に努める。舞台の特性を生かしテーマに沿って「美」を追求し、観衆の心に響く作品を創造する。」ことを目的としています。
10分という長い演技時間、MICは普段とは違う、小1~大学生までが同じ一つの「結一~yui~」というチームとして出場します。ユニダンだからこその面白さ、思い入れがあります。

画像

15日は市民劇場での舞台リハでした。見つかった課題をチェックしながら最終的な仕上げを行いました。
しっかりと自分たちのできることをして、気持ちを込め一つとなって、心から心へ伝わる演技を届けてきます。
”蒲公英”(タンポポ)!!のように頑張ります。

3月7日(土)に行われた第三回ヤング・パフォーマンス・フェスティバル。MICの6名が参加しました。小6から中2までの女子。ダンス、ダブルダッチ、よさこい、歌、ヒップホップ、様々なパフォーマーにまじって、一輪車の魅力を笑顔と情熱で舞台いっぱいに表現して、このフェスを盛り上げてくれました。
画像画像
表彰式では、松戸市文化振興財団委員長賞を頂きました。(ヤッター、おめでとう!!)
画像
後半、出演グループ代表10名によるパネル・ディスカッションでは、それぞれの若者たちの夢が聞け、グランドフィナーレでのダンスもとても楽しかったです。
このイベントを企画された青少年相談員連絡協議会の皆さま、お疲れ様でした。よい企画をありがとうございました。地域での様々なご活躍も感謝!!チーバくんも出演ありがとう!!。
画像画像